スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NO.4 りん
2012-02-05 (日) | 編集 |
【名   前】 りん
【年   齢】 11歳
【捕獲レベル】 ★★★☆☆☆(重量に難有)
【性   格】 おとぼけ
【仲 良 し】 特になし
【  敵  】 こもも

りん1


りんは我が家で一番大きい猫です。というか肥満です。

大きいお尻をフリフリしながら歩きます。

ジャンプしても着地をよく失敗します。

我が家では笑いが一番とれる猫ですね。


人なつこい性格で、「なでて」と突然仰向けになることも。

でもちょっかいを出すと反撃してくるので要注意です。

子供達にはかなり重過ぎるので捕獲対象外です。

旦那が飼っていた猫で私はまだ5年ほどの付き合いです。

旦那の話ではもらった時は兄弟にごはんを奪われてしまう

性格のおとなしい猫だったようです。



こももとはとても仲が悪いです。

同じ部屋でお互いに距離をとって生活していますが

目の前でばったり会ってしまうと威嚇しあっています。

勝敗はその都度違いますがとっくみ合いにはなりません。

2匹ともおとなしい性格なので喧嘩の仕方も

わからないのかもしれませんね。




猫の紹介は年齢順に紹介していこうと思ったので

本来ならば、りんはもう少し後になります。

でも今回順序を変えて紹介することを決めました。



りんはもうそんなに長くないと思います。

今、「扁平上皮癌」というガンと闘っています。

このガンは厄介な種類だそうで、仮に早期発見して

取り除いてもまたすぐに再発する可能性が高いそうです。

りんの癌は脳の近くにあるので放射線治療は困難なこと、

高いリスクを負った治療をしても、いい結果は得られる

可能性は低いだろう、との事から自宅での緩和治療を

選択しました。


1月11日に最初の診察に行って依頼、どんどん衰弱し、

今では寝たきりです。

今日明日、何かあってもおかしくない状態です。

りんの病気についてはまた別の記事で書こうと思います。



今まで犬猫とは7回の別れを経験してきました。

いつかは死ぬ、というのはもちろん承知しています。

ただ息を引き取る直前の苦しみは見ている側も

とても辛いです。

以前、飼っていた犬は激しいケイレンが何度も起こり、

痛みのあまり泣き叫んでいました。

もしかしたらもう目が覚めないかもしれないのを

承知で鎮静剤を打ってもらいました。

鎮静剤のおかけで犬は落ち着きました。

その次の日の早朝、ふと目が覚めるとすでに

息を引き取っていました。

でも最後にケイレンが治まってよかったと思っています。


りんは運よく内臓はまだちゃんと機能しています。

ただ、腫瘍が脳を圧迫しているので常に危険な状態です。

その為にケイレンが起こる可能性もあると言われています。

薬が効いてるのか今のところは大丈夫そうです。

とにかくなるべく痛みを感じなければいいと

願うばかりです。






応援お願い致します





関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。