スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやいやいや
2014-10-08 (水) | 編集 |
ものすごい久々の更新です。
登録したメアドやらパスやらすっかり忘れていてなかなかログイン
出来なかったんですが先程ようやく思い出しましたよ。

こももが天国に行ってしまった以降、他の猫は幸い健在です。
長老猫(といってもみんな年寄)のきちとモモは耳が遠くなった模様。
特にきちはかなり大声で呼ばないと耳をぴくりとも動かしません。
また、きちは面倒になったのか毛づくろいをしなくなり、そのせいか
換毛期になるとすごい毛玉です。
無理に取るとかなり痛いらしく、温厚なきちでも噛みついてくるので
お手上げです。

その昔、ヒマラヤンが1匹いたのですが、この子はすごかった。
迷い猫でそのまま引き取ったのですが家の中には入りたがらず
実家の外で生活していました。
家の中の猫ほどブラッシングとかもあまりせず、気が付くと
すごいことになってました。毛が絡まりまくり固まりまくり。
何度かむりしとったりしましたが(ゴメン)、いつの間にか元通りに
なってたのできちもそうなるかと思ったけどずっと毛が固まったまま。
年寄だからあまり無理な事は出来ないので放置です。

最近は寒くなってきたので夏の暑い時以上に猫がすりく寄ってくるようになりました。
家族が横になったとたん、側にいる猫が体に乗ってきます。
子供達も「あ~」とか言ってるけど嬉しそう。
もうすぐ2歳の息子もそれなりに猫の扱いを覚えて仲良く?やってます。

仲良く昼寝中のモモ&きち
1412739239336_convert_20141008124141.jpg


スポンサーサイト
3代目バンボ
2013-01-25 (金) | 編集 |
バンボ


バンボとは赤ちゃんがいるお家なら知っている方は多いと思いますが、
まだ1人で座れない赤ちゃんの為のイスです。
下半身をしっかり支えてくれるので首が座った頃から使えます。

息子も3ヶ月になり首もだいぶ座ったので3代目バンボを購入しました。

過去2つはというと

 【1代目】長女の為にお店で新品購入。水色。のちに猫にかじられ廃棄。
 【2代目】次女の為にヤフオクで購入。黄色。旦那のお友達にあげた。

あっという間に成長して脱出できる様になってしまうので
実際の使用期間は結構短い、でも値段は結構します。
なので新品を買う気はさらさらなく、よく行く子供専門のリサイクル店に
見に行ったところ1900円で売っていたので即購入。
レジで会計したらもっと安かった(値段忘れた、1600円位だったかな)
前にチェックした時は何個も売っていたけどこの時はこれ1個でした。
もちろん多少の使用感はありますが美品でお買い得でした。

短時間であれば座っててもご機嫌。家族の様子をじーっと見つめています。
少なくともここに座っている間は姉達に踏まれる心配がなく安心です。


テーマ:日記
ジャンル:ブログ
添い寝?
2012-12-21 (金) | 編集 |
添い寝


ひざに授乳枕を乗せて、その上でお昼寝をしている2ヶ月の息子。

そして息子に添い寝するちびジュニ。

私のひざに乗りたくて無理矢理来ただけなのですが。

猫をかまってあげられる時間がないので寂しいのかもしれませんね。

でもこれ・・・

ちょっとわかりにくいですが思いっきり息子の上に乗っています。

気にせず寝ているのでこのままにしておきましたが、

しばらくするとちょっと苦しそうな顔をしたので強制退去させられました。




テーマ:日記
ジャンル:ブログ
久しぶりの更新
2012-12-16 (日) | 編集 |
かなり久しぶりの更新です。

書いていない間に色々な事が起きました。
その中でも大きな出来事は2つ。
1つは10月に無事出産したこと。いまは3人の子育てで忙しい毎日です。
もう1つは出産の少し前に「こもも」が病気で死んでしまったことです。
りんに続きこももまで・・・。1年に2匹も死んでしまったのはかなりショックでした。

こももは猫伝染性腹膜炎(FIP)という病気になってしまいました。
治療方法がない病気です。
おかしいと気がついてからあっという間に衰弱していきました。
最初に病院で診てもらってから3週間位で力尽きてしまいました。
苦しかっただろうけど呼吸困難や痙攣がなかったのは幸いでした。
息を引き取る直前、もうほとんど動けなかったこももが立ち上がり、
背後で横になっていた私の方を振り返り2回「ニャー」と鳴きました。
そしてまた横になりそのまま息を引き取りました。

息を引きとる直前に声を聞いたのはこももで3度目です。
最後を看取る経験は何度もありますが、この別れ方は一番印象に残ります。
「さようなら」と言いたかったのか「苦しいよ」と訴えていたのかどっちだろう。
後者の方だったら・・・と思うと張り裂けそうな気持ちに襲われて涙が止まらなくなります。

次の日に火葬に行ったのですが、とても死んでしまったようには見えませんでした。
普通は硬直して体が硬くなるものですが、こももの場合は腹水が溜まっていたので
お腹は硬くならず、ずっとプルプルしていたのです。
本当はまだ生きてるんじゃないだろうかと思える程やわらかかったです。
言い方が変なのですがこんなきれいな死体をみたのは初めてでした。

今はとにかく毎日が忙しすぎて、そのおかげで悲しみもやわらいでいます。
でも寒くなってくっついて寝ている猫達の中にこももがいないのを見るたびに
思い出してしまいます。





テーマ:日記
ジャンル:ブログ
ちょっと復活
2012-03-20 (火) | 編集 |
ようやく体調が良くなってきました。
風邪を引いた時の咳がなかなか止まらず、
咳をするたびに額の辺りが痛くなって苦しんでいるところへ
追い討ちをかけるように突然両目に開けていられない程の痛みが。

目はいまだに裸眼で1.0以上あるので人生初の眼科受診でした。
ただの結膜炎でしたが額の痛みは鼻の炎症の可能性があるといわれ
今度は耳鼻科へ。これは人生2度目です。
1回目は15年位前だったかな・・・。
きちんと調べなければわからないと言われたのですが
事情により調べるのは断念。

実は妊娠がわかりまして安全な時期まで検査はやめることにしたのです。
複数の症状に加えつわりのピークを迎え、家事なんてほとんど出来ない状態でした。
先日もなんとか仕事を終え自宅に戻り、保育園のお迎えまでの少しの間、
布団で横になっていました。
そうするといつもの様に猫たちがわらわら・・・。
きちは何度よけても胸~お腹の上に乗ってくるんですよね。
ちょうど咳が出るツボ?のとこに乗られるととたんに咳が止まらなくなります。
何度も布団から振り落としたのですがかなりしぶとかった。
そろそろお迎えの時間になり布団から起き上がるとそばで団体様がお休み中でした。
我が家で一番の臆病猫のレイも白黒仲間の小梅の隣でウトウト。


小梅&レイ


小梅みたいな白黒模様の猫って鼻の一部が必ず黒いと思うのですがどうなんでしょうか。
小梅・こももは5匹兄弟でしたが白黒はもう1匹いました。
その猫も小梅同様に鼻のところが一部黒かったんですよね。
外で見かける猫とかも白黒の猫って絶対鼻がちょっとだけ黒いんです。
たまたま私がそういう猫を見ているだけなのか、そうなる確立が高いのか。
中途半端に黒いと全部塗ってしまいたい衝動にかられてしまいます。
これはこれで愛嬌があって可愛いですけどね。

現在、つわりはまだ続いているのでつらいのですが目・額の痛みは
ほとんどなくなり咳もだいぶ治まってきたのでだいぶ楽になり、
パソコンもようやく見る気になってきました。
でもまた結膜炎にならないよう程々にしないといけませんね。
テーマ:日記
ジャンル:ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。